FC2ブログ

日経による家づくり戦略は正しいか否か?

名古屋市一級建築士事務所TREEHOUSEの辻です。

ブログランキングに参加しております。ぜひ下を「ポチッ」っとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ<br /><br /><a href=

22_20160101205904442.jpg


明けましておめでとうございます。

昨日までの1年間たくさんの人に支えられて

頑張ってこれました。


今年はもっともっと一人でも多くの方に喜んでいただけるように

ブログを中心に情報をお伝えしていこうと思います。

よろしくお願いいたします。





今年最初の日経新聞には住宅特集の記事が掲載されました。


TOPIC1からTOPIC8まであります。

TOPIC1は税金優遇、控除について

TOPIC2は2016年の住宅市場価格について

TOPIC3はエコ住宅の重要性について

TOPIC4は価値を落とさない家の秘訣

TOPIC5はプランの多様化

TOPIC6は将来困らないために

TOPIC7は住宅ローン

TOPIC8は相続対策

TOPIC9は新しい家の形



一通り目を通したけど東京都名古屋の視点は大きく違う。


大きな点は2つある。


一つは建築コスト!!!




建築に限らず東京の2,3年後に名古屋に反映、流行がやっているという定説がある。



記事の中でも建築コストのピークは過ぎたとあったけど東京での話で名古屋はまだまだ。



東京では職人さんの日当が4万という時代だもの。


名古屋では考えられない。名古屋ではまだまだ2万そこそこ。



近い将来それが2万5千円という時代は近いと考えられる。



結局人不足によるコスト、人件費のアップ。



リノベーションだけでなく新築コストの上昇がまだまだ起きる。


きっと消費税アップ前の2016年に一気にやってくる可能性がある。





もう一つは空き家対策



関東では空き家対策で行政の施策も聞かれるがこの名古屋、東海地方ではまだまだ。



空き家を有効に活用する器はあっても利用するニーズが少ない。



外国人、学生、高齢者、フリーター、弱者と呼ばれる世代まで幅を広げれば別だけど

荘じゃなくても名古屋では築20年をすぎたアパートやマンションは人気がない。



だからリノベーションで付加価値を付けて家賃を上げたり魅力ある空間の提供を各社が行っているが

実際はバランスが合わないのが実際でもある。



名古屋では結局様子見というのが結論と感じる。




しかしながら視点を変えれば未知であるゆえに新しい道筋を見出せば開ける世界もある。


きっとそれが名古屋では新しい住宅事情、市場となると感じる。





今年はそんな1面を徹底的に追及して新しい住宅市場、住宅感から
プロとしてお役にたちたいと考えています。



本日最初のおみくじは近所の上野天満宮で大吉だった。



皆さんが幸せな暮らしを送れるようお祈りいたします。




御拝読ありがとうございました。


ブログランキングに参加しております。
ぜひ下を「ポチッ」っとお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ<br /><br /><a href=

●会社のHPはこちら

◎ 中古マンション、団地リノベーション、中古住宅、注文住宅に関する質問や疑問などございましたらお気軽にどうぞ!

マスコミ(新聞、テレビ、出版社)の方のお問い合わせや取材も歓迎ます。お気軽にどうぞ!!

info@1138house.comまで
電話0120-118-280
直通ダイヤル090-3565-1683です。


営業エリア:名古屋市(名東区 千種区 昭和区 守山区 緑区 天白区 中区 東区 北区 中川区 西区 港区 南区)長久手市 日進市 東郷町 みよし市 北名古屋市 蟹江町 豊明市 刈谷市 東海市 豊田市 岡崎市

その他ご相談下さい!


店舗のクチコミランキングサイト住宅リフォーム店で紹介されています。



名古屋・愛知★【中古マンション・中古住宅・団地★リフォーム・リノべーション専門店 】TREEHOUSE★
こちらからもお気軽にどうぞ

こちら
スポンサーサイト



Category: 日記
Published on: Fri,  01 2016 21:19
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment